スマホで不眠症?克服までの道のり

   

少し前まで私は不眠症で悩んでいました。昔から不眠症だったのかというとそうではなく、スマホが普及してきたあたりからです。

日中は仕事をし、家に帰ってすべての家事を終え、布団に入り、部屋を暗くしてからお気に入りのサイトを巡回するのが日課になっていました。1時間ほどサイトの巡回をしてから、明日も早いしさあ寝よう!と思っても寝付けません。目がらんらんとして、頭が冴えるような感覚がありました。

調べて見ると、スマホ不眠というものが私に当てはまりました。

夜にメールチェックするのは良くないというのは知っていましたが、まさかスマフォにもあてはまるとは・・・

夜寝る前のスマホの使用が不眠につながる主な理由はスマホから出るブルーライトというもので、これが睡眠のリズムを狂わせるそうです。

ブルーライトの波長は朝日のそれとよく似ています。朝日を浴びることにより朝すっきりと目覚められると聞いたことがありませんか?それと似た波長のブルーライトを夜寝る前に浴びることによって、寝る前に脳を活性化させてしまうのです。

そして、スマホを触るから眠れない、眠れないからまたスマホを見てまた眠れなくなって…という負のスパイラルに陥ることになります。

仕事中にもうつらうつらしてしまうことが多くなりこのままじゃまずい!と思い立って、この生活を改善することにしました。

 

①スマホを寝室に持ち込まない

今日は寝る前にスマホをいじらないぞ!と思っていても枕元に置いてあるとつい見てしまうので、そもそも寝室にスマホを持ち込まないことにしました。
今まではスマホを目覚まし代わりに使っていたのですが、ちゃんとした目覚まし時計を購入し、スマホはリビングに置いてくるようにしました。

 

②スマホをいじるなら朝にする

上で「ブルーライトと朝日の波長が似ていてそれらを浴びると脳が活性化する」と書きましたが、つまりスマホを触る時間を朝にすれば、すっきりと目覚められるのではないかと思います。

 

③どうしても夜スマホを触る場合はブルーライトカットのメガネをかける

現在、JINS等様々なメガネ店でブルーライトカットのメガネが売られています。度あり・度なしが選べるので自分に合ったメガネを選ぶことができます。

以上のことを試して2週間が経過していますが、以前より眠れるようになったのでこの習慣を続けていきたいです。

特にブルーライトカットのメガネは、会社で事務をやっている私はパソコン作業をする時にも疲れ目を軽減させてくれる効果があるので買って良かったです。

 

不眠にお悩みの方は是非試して見てください。

 - ヘルスケア ,