ワキガの原因は?? 他の国のワキガの比率

   

世界を視野に入れると、ワキガの比率はどうなっているのでしょうか。

日本人と欧米人とのワキガの比率を比べてみたところ、日本人が10%に対し、欧米人の方は70%、場合によっては100%という驚くべき数字が出ました。

どうしてここまで差が開いているのでしょうか。

その原因は食文化の違いが関係しているというのです。

食文化の違いからくるワキガ率

欧米の人は主に主食は肉食であり、動物性たんぱく質を多量に摂取します。その反対に、日本人は魚や野菜を多く摂取していた事が関係しています。

実はワキガの人は肉食を中心に食べていたり、脂肪分を多く含む物を食べている人にワキガの傾向があるのです。

自分は両親がどちらにも当てはまっていないと思って安心している方、まだほっとするのは早いです。

もし、両親がワキガでなくても祖父母がワキガであったら、自分も可能性があります。

多汗症の人がワキガの可能性があるという意見もあますが、多汗症の人は汗をよくかいてしまうので、アポクリン腺が分泌しやすい為、元々ワキガの人がにおいを発生してしまうだけであって、汗をかかなくてもワキガの人はいます。

その人も汗をかくほど運動すれば、匂いを放出します。

ワキガのセルフェックについて。多汗症も

一番のチェック方法は人に自分の匂いをかいでもらうのが一番なのですが、自分で一度チェックしたいですよね。

セルフチェックをした後に、もしかしたらそうなのかも?と思った人は、一度病院に行き、医師のカウンセリングを受けましょう。

あなたの耳垢はカサカサ?しっとり?

ワキガの原因であるアポクリン腺というのは、耳の中も良く分泌されます。

そして、アポクリン腺がよく分布されると、耳の中がしっとりとし、飴耳になる傾向があります。

ワキガの匂いは毛穴を通って伝わってくるので、毛深い人や濃い人は注意です。

下着やシャツに黄色いシミはできますか?

ワキガの本であるアポクリン腺というのは、匂いを発するだけではなく、黄色い色素を所有しています。

なぜかというと、たんぱく質や鉄分・脂肪がアポクリン腺と反応しているのです。

一日外出や運動が終わった後に、シャツを脱いで見て脇の部分を見てみましょう。

汗っかきですか?

多汗症とも言えると思うのですが、汗っかきの人はアポクリン汗腺の影響が出ている傾向があります。

また、汗に粘り気がある人もワキガの要素を含んでいます。

家庭内でワキガの人がいる?

ワキガは遺伝です。

つまりお父さんとお母さんがワキガであったら、自分もその可能性があると言う事です。

お父さんとお母さんがワキガでなくても、祖父母までさかのぼるとワキガだったなんてこともあります。

さらに、慣れがあるので、今までお父さんお母さんがにおうと思わなかった人は実際子供の頃から良く嗅いでいたので、気がつかなかったというケースも。

ワキガの人が自分で気がつかないのは、匂いになれてしまっているからなのです。

魚よりも肉をよく食べる

肉に多く含まれる動物性たんぱく質はワキガの本であるアポクリン腺の分泌を促します。

いくつ当てはまるでしょうか?しかし、当てはまったからといってワキガであるというわけではなく、また逆も言えます。

一つも当てはまらなかったからワキガではないと言い切れるものでもありません。

あくまでもこのセルフチェックは参考程度です。

 - 病気の原因と治療法