スキンケアでターンオーバーの乱れを正す

      2016/10/27

いつまでも若々しく健康的に過ごすには外見の大部分を占める肌をキレイに保つ・・・つまり、肌のターンオーバーをきちんと回すことが欠かせません。

そのためにまずはピーリングにより、化粧品の栄養分が浸透されやすくなります。

また、ターンオーバーが乱れると角質層に存在するうるおい成分「NMF(天然保湿因子)」が作られなくなるので、お肌の乾燥を招きます。

ですからピーリングで余分なものをはがして、そして高保湿成分を配合したスキンケアで乱れによる乾燥の症状を抑制しましょう。

そのようなスキンケアをしながら、生活習慣を見直していけば、きっと正常化してくるでしょう。

ネットで調べれば若さに必要な情報が豊富に出てくるので参考にしてみてください。

ターンオーバーの促進エキスって?

ターンオーバー促進エキスは、直接機能に作用して促進させるエキスという意味ではありません。

ターンオーバは自律神経でコントロールされているので、それを人工的な力で変えられません。ただ、それがしやすくなる肌状態を作り上げ、その結果、促進できるという意味でのエキスと考えた方がよいでしょう。

ではそれがしやすくなる肌環境とはどういったものでしょう?

それはたとえば、紫外線の影響を受けないようにして美白効果を強化し、肌そのものをやわらかくし、角質がはがれやすくするなどがあります。

それを可能にできるエキスとしてなら、ビタミンC誘導体、シャンパン酵母エキス、海藻エキス、レチトール、フルーツ酸エキス、ユズ種子エキスなどが挙げられ、他にも様々な成分がターンオーバー促進エキスとして紹介されています。

クリームタイプや美容液タイプなど形状も色々ありますので使いやすいもので試してみるとよいでしょう。

パックで促進するなら

ちなみに、パックによって促進する事ができます。

古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わることを新陳代謝といいます。そしてターンオーバーとは、まさにその新陳代謝のことですから、パックで皮膚の生まれ変わりを助ければOK

これが乱れることはよくあります。そうなると皮膚の新陳代謝が不規則になり、それは細胞の並びが不規則になることに繋がります。角質層細胞が不安定になれば、保湿力やバリア力が低下して外からの刺激を受けやすくなり、肌トラブルを起こしやすくなるのですね。

それを避けるために、乱れ改善をするにはパックによる新陳代謝の促進が大切というわけです。

促進効果があるパックは、ピーリング成分が含まれているものになります。

若返りホルモンの正体は

ターンオーバーに関連して若返りホルモンと呼ばれているのは実は「成長ホルモン」です。これが子供の成長だけではなく、若返りとしても効果があるということで、若返りホルモンと呼ばれているというわけです。

具体的にどんな効果があるかというと、まず細胞の生まれ変わりを活性化するので、代謝機能がアップされます。

代謝機能とは肌のターンオーバーも含め、常に体の機能が正常に保たれるという状態を作ります。

これこそが若返りに不可欠な作用といえます。

成長ホルモンは年齢と共に減少し、「老化」は、まさにこのホルモンの減少によって引き起こされるのです。

ですから、少しでも若返りホルモンを分泌させ体内にとどめておくことが「老化」を先送りにする大切なアンチエイジングというわけです。

若返りホルモンは医療としての治療で用いられる場合以外は、一般に販売されていません。

ですからサプリメントなどで摂取はできませんが、「成長ホルモン」の促進アップサプリメントは販売されています

 - スキンケア